じぃみぃ夫婦

30代の仲良し夫婦。シンプル、手作り、自然が大好き。美味しい野菜を作ること・大切な人に食べてもらうことが今一番の楽しみ。菜園生活の経験を重ねて着実に夢をつかんでいきます。

【農業研修制度】夫婦で?それとも夫のみ?Twitterを通して貴重な意見をいただきました。

 

f:id:shitae:20191221144724p:plain

 

 

 

こんにちは。

じぃみぃ夫婦の妻、みぃちんです。

 

最近とってもとっても悩んでいること。

 

農業研修制度を夫婦一緒に受けるか否か。

毎日のように夫のじぃちんとその話をしています。

 

 

 

 

農業研修制度に対しての迷い

 

農業研修制度を通して農業のノウハウを学び

将来は独立して新規就農をする予定です。

 

最近は研修制度の利用の仕方を迷っています。

 

”農業研修制度を夫婦で受けるか、夫のみで受けるか”の選択です。

 

以前までは

農業研修を受けることが可能な3年間は

夫のみが研修を受ける。そう考えていました。

 

独り立ち後、私が夫じぃちんから教えてもらいながら2人で農業をしていくつもりでした。

 

 

 

 

自治体の農業研修制度の流れ

 

私達が移住を予定している場所は

とある県の小さな島なのですが

3年間の農業研修制度が

とっても充実していると思います。

 

 

1年目:1ヶ月毎に様々な農家さんの作物作りを手伝う

    (この期間に就農する際の作物を決める)

2年目:将来的に育てたい作物を作る農家さんの元で研修を行う

    1年を通して植え付け〜収穫までを学ぶことができる

3年目:農業簿記や経営の仕方を学ぶ

 

 

この期間は補助金を頂きながら研修を受けることができます。

 

実際に何人もの方が研修後にその地で就農しているそうで

困った時は先輩に頼りながら

そして一番はたくさんのアドバイスを受けながら

就農するにはもってこいの環境!!だと思います。

 

 

農業研修制度を夫婦で受ける?夫のみ?

 

私達の一番の引っかかりはやっぱり金銭面。

補助金のお金のみでは生活が厳しいのではないか。

(できたとしても超節約生活)だということ。

 

みぃちんが別の仕事をすることで

3年間の生活費+就農時の資金を貯蓄しよう

以前まではこう考えていました。

 

ですが、ゆくゆくはじぃちんに教えてもらいながら行う農業。

手っ取り早く2人で研修を受けた方がいいのでは?

という思いが強くなっています。

 

 

 

Twitterでつぶやいてみた!!

 

実際に農業研修制度を利用した方達はどうしているのかな?ともやもやしていた時。

 

Twitterだったら誰か1人でもコメントしてくれるかも!!

と思って気軽につぶやいてみました。

 

 

 

 

フォロワーさんもフォローしている方もまだまだ少ないので

返信は特に期待していなかったのですが

 

 

 

 

 

投稿してみると・・・なんと。

私が大好きなブロガーつくつくさんから直々にコメントをいただきました。

とっても嬉しかったです。

 

www.syoboi-nougyou.com

 

 

つくつくさんは現在、夫婦で農業研修中。

奥さんと日々楽しそうに研修している記事がとても魅力的です。

 

私個人的には妻観察日記シリーズが大好き。

奥さんの何気ない日常を記事にしてるのですが

奥さんへの溢れる愛情が伝わってきます。

とってもほっこりした気持ちになります。

 

 

そんなつくつくさんが

私のツイートをリツイートして下さり

更に多くの方々に拡散していただきました。

 

つくつくさんのフォロワーさんのフォロワーさんからも

たくさんのコメントがありました。

とっても貴重な意見をいただきました!!

 

 

いただいたご意見

 

【夫婦で研修中】

 夫婦とも補助金をもらっているので金銭面でのデメリットは感じない

 夫婦での研修はシンプルに楽しい!

 

【夫のみ研修中】

 現金収入の面から妻は働いていた

 夫のみの研修だったが、今思えば夫婦が良かったと思う

 

【カップルで一緒に研修中】

 金銭面を考えて研修後に結婚予定(なんとも賢い)

 

【これから夫婦で研修予定】

 就農後のビジョンが見えやすく、2人いればどちらかが覚えていると思うから。

 

 

 

なるほど!!!!

 

やはり経験されている方々の意見が一番参考になります。

悩んでいたことが前に進んでいきますね。

 

 

 

夫のじぃちんと話し合いを重ねて

2人で納得のいく決断を出したいと思います。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。